教えて!goo ウォッチ【就職・転職】

教えて!goo ウォッチ
話題の出来事のQ&Aをウォッチ(観察)しながら、コラム形式で皆様に紹介していくサイト

転職で人材紹介会社を使うメリット

転職で人材紹介会社を使うメリット新卒採用の就職活動と中途採用の転職活動の方法は、前者はインターネットからの応募→採用の流れが定着していますが、後者ではインターネット・広告媒体に加え、人材紹介会社が自社に登録した求職者に対して求人案件を紹介し、応募→採用という流れが加わります。

人材紹介会社も、近年急速に数が増え、どの人材紹介会社に登録したらよいのか?本当に転職の役に立つのか?との話題が、教えて!gooの中でも質問としてあがっています。

「公開求人を人材紹介会社からも紹介された場合の選択」

■人材紹介会社のメリット・デメリット

人材紹介会社を利用するメリットとしては、人材紹介会社ではたいてい履歴書・職務経歴書か、キャリアシートという履歴書にかわる応募書類を最初に登録者から提出してもらい、求人企業に推薦するため、一部の例外を除いて応募する企業ごとに応募書類を用意する必要がありません。また面接日の調整もしてくれるので、現職で企業との連絡も取りにくい状況下でも転職活動がしやすい。面接の質問内容や求める人物像なども教えてくれる事もあり、内定後も条件交渉などを代行してくれます。

反面デメリットは、求人企業が支払う紹介手数料にあります。世間相場は年収の30%前後の場合が多いので、年収500万円の場合150万円手数料がかかります。ですから、評価の拮抗している直接応募者がいた場合や面接の評価がギリギリ合格点だった場合、不採用になる可能性は高くなります。

人材紹介会社は成功報酬型を取っているため、まさしく内定時に、求人企業にとって金銭の発生という最大のコストデメリットが発生するのです。

■登録する人材紹介会社の選び方

自分の転職を成功させるために、数ある人材紹介会社からどの会社を選べばよいか。悩む方は多いようです。

大手の人材紹介会社は求人案件数が豊富であり、数ある求人が紹介される可能性は高まります。ただしその反面、登録者数も多いため、応募倍率は高く、書類選考のハードルが高まる恐れがあります。また人材紹介会社とのやりとりについても、担当者にもよりますが、機械的になってしまう事が多いという欠点があります。

中小の人材紹介会社は、ある業界に特化してその分野では大手を凌駕したりもしますが、いかんせん求人案件数では大手に劣るのが欠点です。しかし、推薦する際には必ずその会社に出向いて推薦するなど、書類選考通過率を上げる努力をすることで、書類選考のハードルを取り除いてくれるサービスを行っているところもあります。ただ中には、紹介手数料欲しさに内定が出た案件になんとか押し込もうとする人材紹介会社もあり、見極めが必要です。

“人材紹介会社を利用しているつもりが、実は利用されていたのは自分”とならないように、どの人材紹介会社が自分の志望に合っているのか、じっくり考える必要がありそうです。

桜井規矩之左右(Kikunozou Sakurai)

■関連記事
中途採用の書類選考はどこを見られている?
採用前の前職/身辺調査は問題ない?

■最新記事

上記記事に含まれるキーワード「評価」「大手」「面接」

この記事を読んだ方にオススメする求人情報は?

「教えて!goo」は、質問(Q)と回答(A)をやり取りする日本最大級の無料Q&Aコミュニティサイト。周りに聞きづらい質問や広く意見を求めたい悩みも、ここですっきり解決!就職・転職を考えている方にもきっと役に立ちます。
みんな悩んでる!就職・転職のお悩み |  ビジネス・キャリアに関するQ&Aをまとめ読み!